振袖

振袖に似合う髪型

新着情報

◎2017/11/30

振袖を着るタイミング
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

振袖に合う髪型とは
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

レトロで可愛い振袖
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

時代によって変わる振袖
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖に似合う髪型
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

若者に人気の振袖デザインとは
の情報を更新しました。

「振袖 歴史」
に関連するツイート
Twitter

7成人式の服装は? 黒い振袖。大きな牡丹と銀糸が 織り込まれていて、華やかだっ た。 8自分の黒歴史 大学卒業後、一旦就職したもの の、突然獣医になりたくなって、 会社を退職。フリーターをしな がら一年受験勉強したが、合格 せず、泣く泣く再就職。

Twitter misokichi_i みそきち🍊大丁にょた中

返信 リツイート 0:24

RT @w_xhw: 『鉄鼠の檻』京極夏彦 読了。雪と影、白と黒の世界に忽然と現れた修行僧の屍、歳をとらない振袖の童女、坊主、坊主… 禅の歴史、宗派、悟りとは何か等が、分かった気になる。不立文字であるが故の扱い辛さをよくぞここまで物語にしたもんだ #読書 #釈迦も弥勒も彼の下僕…

RT @kimono_yuzen: 理奈ちゃんとミナちゃん着用のこの振袖は、辻が花と言われる伝統的な絞り染めの逸品!神秘的な歴史を持ち「幻の技法」とも呼ばれています。 #京都きもの友禅 #大伴理奈 #佐谷戸ミナ #振袖 pic.twitter.com/QKfJKhLbnA

...金運ご利益はいただけるのでしょうか。 ってことで色々調べちゃいました♪ 回向院ってどんなパワースポットなの? 回向院は、山号を諸宗山という、浄土宗の仏閣(寺院)で、1657年(明暦3年)に創建されました。 振袖火事という江戸の大半を焼いた大火事で無くなった10万8千人を埋葬した「万人塚」から始まった仏閣で、その後も災害で無くなった人や無縁仏を埋葬するようになったという歴史があります。「有縁・無縁に関わらず...

振袖決めに行くのも成人式もちっっっとも楽しみじゃない、、よりによって中学校のメンバーと一緒なんだもんなぁ、、黒歴史の極み

Twitter NJK_sugar31 🌈にじ花🌼

返信 リツイート 5/19(土) 12:17

お着楽桃子「袖の長さはどうして違う?振る袖を留める独特の日本文化が面白い!男性も振袖を着ていた歴史あり。」 ameblo.jp/okirakumomoko/… なるほど…

大体、振袖着て成人式行く意味は?その後の同窓会とか絶対楽しくないけん?後悔するよ!とか言われるけど、ブスなのに振袖着て写真撮って黒歴史作りよるようなもんやんwww んで?同窓会行って自分の黒歴史ほじくり返されて嫌な思いしかせんやん?!?って思う😂😂😂

Twitter KRNJME126 🦍カレンレン🦍💙推し(ドラックス)が可愛い

返信 リツイート 5/16(水) 8:19

静巴の衣装って振袖っぽく見える。振袖は自分一人では着付けれなくて、転じて「外に出た娘が悪さをして帰ってこないように」みたいな意味があるんだけど、ミュの🐶🐱🐌みたいに歴史修正側に勝手にふらふらと迷いこんでしまわぬよう振袖で、足は纏足(=ヒール)で拘束して、っていうやつどうですか?

先日のガンダム総選挙であいつ扱いされてた振袖娘さんがガチの歴女の人だと知る。番組のMVPだったし、歴史でもあんなに話せるのだとしたら出演している歴史番組見てみようかなと思える

丁度1週間後は振袖見に行く事になってるから少しはマシな体型になってなあかんよな🤔 まだ振袖着るかも成人式出るかも決めてないけど。納得できん体型で着ても黒歴史になるだけやし。

時代によって変わる振袖

時代によって変わる振袖

振袖と言えば未婚女性が着るものという一般常識は知っていても、それが時代によってどのように変わってきているのかということまでは、知らない人の方が多いでしょう。
そもそもこの着物が初めて登場したのはそれほど古くはなく、江戸時代に入ってからだと伝わります。
当初は、童女や未婚女性が着る、振り幅のある長い小袖というくくりで発生しました。
この当時風習として存在していたのは、18歳くらいまでには元服し、袂を切り、振りを縫って留袖にしてしまうというものでした。
つまり、留袖=既婚者という図式が当初からあったわけではなく、ただ、この当時の女性は18歳になる頃には結婚していて当然という風潮でしたので、自然と、振りのある袖は未婚者、留袖は既婚者という区分けが為されるようになっていったと考えられます。
さて、その後ですが、1800年代初頭・享和から文化の頃には、留袖と歩調を合わせるように帯の幅が広がっていきます。
留袖同様、帯などの使用に伴い、オシャレ着として急速に町人などにも振袖が広がっていきました。
また、初期の頃は、現在で言うところの留袖のような形をしていました。
時代の流れによって、これらは本来の意味から離れ、袖丈の長さで区別し、長いものを振袖、短いものを留袖と呼ぶようになったわけです。
ちなみに最初期のものは55cmほどであり、現在の一般的な振袖の110cmと比べると半分ほどしかありませんでした。

大きな節目に着る振袖の歴史

戦前は、日本人が着物をきているのが当たり前であったわけですが、戦後洋装化が進み、また、着物を着ることが特に女性の場合手間が掛かるということもあって、現代日本人の間では、日常生活で着物を着ることはほとんどなくなりました。
それでも、例えば夏祭りなどでは浴衣姿になったりということはありますが、それ以外はやはり洋服を着るのが当たり前で、着物を着るのは、それこそ人生の節目と言えるような、例えば、卒業式や結婚式、成人式といった時くらいとなりました。
ただそのかわり、そういった節目の行事の際には、家族で気合を入れて娘を美しい振袖姿に着飾るというようなことが一般化してきており、毎年成人式を伝えるテレビのニュースなどでも、艶やかな着物姿の新成人達を見ることが出来ます。
そもそも振袖の歴史は江戸時代から始まり、最初期には子供や未婚女性が着る振り幅のある長い小袖という認識でした。
この頃風習として存在していたのは、女性は十代後半までには元服をして、袂を切った上で振りを縫い、そこから袖丈一杯に留袖をするといったものです。
その後、1800年代初頭頃、オシャレの一環として帯の幅が広がっていきます。
これは、振袖に限らず留袖も同様で、恐らくこの時代には母と娘で仲良く呉服屋で品定めする姿が日本中で見られたことでしょう。
現代と違って、その頃の振袖は堅いものからどちらかと言うとカジュアルなものへと変容していったわけです。