振袖

振袖と髪型

新着情報

◎2017/11/30

振袖を着るタイミング
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

振袖に合う髪型とは
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

レトロで可愛い振袖
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

時代によって変わる振袖
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖に似合う髪型
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

若者に人気の振袖デザインとは
の情報を更新しました。

「振袖 寒い」
に関連するツイート
Twitter

振袖の時に着るインナーについて

振袖の時に着るインナーについて

お正月、成人式、卒業式、結婚式と振袖を着る機会が一番多い季節です。
この時期はやはり一年で最も寒い時期ですから、インナーにも、工夫するとよいです。
振袖は薄い生地でできています。
綸子とか、一越縮緬とかと言う絹ものですので、インナーをしっかり暖かくしておきましょう。
しかし、何枚も重ねて着てしまうとやはり、着物の線が崩れてしまいますから、上に響かないように気をつけなければなりません。
まず、ガードルは少し緩めの物が良いでしょう。
トイレに行くのにもその方が便利です。
また、ブラジャーもワイヤーの入らないもので、緩めのほうが良いでしょう。
和装用の物もありますが、ワンサイズ上のものか、スポーツブラのようにむねを強調しない物を選んでください。
足袋から履きますが、その時足袋の下に履くストッキングがありますから、それを利用すると、足元が暖かいです。
そして、裾よけ、肌襦袢、長襦袢と着用していきます。
肌襦袢の上にキルティングできた、ベストタイプの物がありますから、寒い時期はそれを利用するとよいでしょう。

振袖の後ろ姿も美しく

振袖はなかなか着る機会があるものではありません。
着物自体も着る機会がなくなってきていますが、女性にとって振袖はさらに着れる期間が短いものになりますので、着れる時に着るようにしておいた方がいいでしょう。
しかし普段着なれているものではありませんので、着こなし方も難しくなってしまいます。
綺麗に着付けをしてもらったとしても、立ち居振る舞いが良くなければ、振袖が残念になってしまいます。
油断してはならないのは、後ろ姿までも美しく見えるようにしておきたいという点があります。
後ろ姿が美しくなければ、上手く着こなせているとはいえません。
後ろ姿をも綺麗に見せるためには、背筋をただしておくことなのです。
猫背の状態であれば決して美しく見えません。
自信がないようにも見えますので、背筋をただして堂々としておきましょう。
背筋をただすことによって、振袖姿もキマってきますので、意識して背筋をただし、上手く着こなせるようにしてみることです。